1418029563048
(訳注:図は大戦中の実際の進軍経路。 無教養のアホ「ロシアが全部一人で片付けたんだよ!」)




1.アメリカ

確かにソ連はアメリカより多数の犠牲者を出したけど、それをもってアメリカが第二次大戦で何もしていないというのはアメリカのことを一切評価したくない単なる反米主義者だろう。


2.アメリカ

その図は、ソ連の満州侵攻と、アメリカの北極補給線が描かれてないな


3.オーストラリア

アメリカが行った大量の機動作戦は必ずしもナチスの矢面に立ったということを意味しない。確かにアメリカも欧州戦線で沢山の仕事をしたけど、たとえ北アフリカ作戦を勘定に入れたとしても、ソ連はノルマンディー上陸作戦の数年前に勝負を決めていたからね。


4.ロシア

大陸戦線こそが主役だろ。


5.アメリカ

>>4

殺し合いはアホ達にやらせておいて、俺らはロジスティクスを担当したんだよ


6.ロシア

米ソのどっちも重要だったよ。一方を軽んじる必要は全くない。第二次大戦みたいな恐ろしい出来事をそういう絵で単純化して茶化すべきじゃないな。


7.アメリカ、オランダ、ノルウェー、リトアニア

>>6

同意


8.カナダ

太平洋戦線と欧州東部戦線を同一視するのは馬鹿げてる。ソ連はもっと厳しい戦いをしたけど、アメリカはソ連に相当の支援をしたし、ソ連が全てをやったというのは反米野郎だけ。


9.オーストラリア

一人で片付けたって言うやつは、戦争の複雑さ、ロジスティクスなんかを全く理解してない奴。


10.アメリカ

その図の妥当性はともかくとして、言わんとしていることは正しい。アメリカはソ連が大戦中に自分達で製造したあらゆる装備より優れたものを大量に支援した上に、欧州、太平洋で独自の攻勢をしかけた。


11.フィンランド

>>10

アメリカの対ソ支援が有意義だったのは1942年だけだよ。その後は生産が飛躍的に増えたから支援は大した意味をもたなかった。


12.アメリカ

>>11

いつだってアメリカの支援は有意義だったよ。ロシア人はT-34よりシャーマン戦車のほうに乗りたがったし、第八親衛師団のようなエリート達が独占的にそれを使ってたぐらいだ。


13.ロシア

>>12

シャーマンが好まれたのはT-34より乗り心地が快適だったからだよ。実際には「マッチ」とか「兄弟達の墓」とか呼ばれてたんだけどね。


14.イギリス

東部戦線は大量の人員を投入する人海戦術だったけど、実際にドイツを負かした資源はあらゆる連合国の協力で成立したものだ。イギリスの貢献はアメリカより軽視されがちだけど、人口が少ないにも関わらずほとんど同じ位の犠牲者を出しているし、単なるマンパワーだけに限らず、技術的側面からの支援も大きい。あとアメリカの北極経由でのソ連支援は英海軍による北極での制海権確保があったからこそ成立したんだよ。


15.フィンランド

ドイツだけが敵だったってわけでもないだろうに


16.セルビア

>>15

まあ、こんな感じだよね
1418031092039
 


17.フィンランド

ドイツ軍の死者の80%は東部戦線で発生してる


18.日本

問題は、ロシア人と冬将軍のどっちがより多くのドイツ兵を殺したかというところだな


19.フィンランド

>>18

たぶんロシア人じゃないかな。ほとんどの死傷者は終戦前の数ヶ月間で発生してる。負けてる側は降伏より死を選びがちだからね。


20.ロシア

ロシアはアメリカが終戦間近に上陸してくる前にナチスを完全に片付けたし、東ドイツを占領し、日本も爆撃したってのに、今はアメリカのおかげで第二次大戦に勝てたってことになってる。そういうのはアホ向けのハリウッド映画の中だけにしてもらいたい。


21.アメリカ

>>20

ロシアが日本を爆撃ってw ロシアは欧州戦線での功績を誇ればいい。太平洋で仕事をしたのはアメリカ。


22.ロシア

>>21

日本に原爆を二発投下した程度のことで仕事をしたつもりなのが笑えるwアメ公は自惚れた臆病者。自分達の領土内ではほとんど戦争をしたことがなくて、たえず人の国を破壞してるだけ。


23.アメリカ

>>22

太平洋での飛び石作戦や、たくさんの大規模な海戦は全部アメリカによって成し遂げられたものだ。それに数百万の損害が予測される日本本土決戦に躊躇するのは当然だろうが。ロシアのプロパガンダもアメリカの欧州戦線プロパガンダに劣らず酷そうだな。


24.イタリア

>>23

飛び石作戦なんてレニングラード包囲戦に比べれば楽なもんだ


25.アメリカ

>>24

太平洋の島々での戦いはそれどころじゃないわ。レニングラードなんて最初の数ヶ月以外は戦いですらないだろ。ペリリューや沖縄、グロスター(ニューギニア方面)の恐ろしさを知らないの?確かに太平洋は寒くはないが、逆に寒いのは着こめばなんとかなるのに対して、うだるような気温と絶えず降り続く雨のせいで死体は一瞬で腐っていくんだよ。そして上陸後の最初の数日間は水を飲むことすらできないような戦いが続いた。


26.イタリア

>>25

飛び石作戦の犠牲者数万人に対してロシアは数百万の損害を出したけどな


27.アメリカ

>>26

大切なのは規模ではなく効率。アメリカはロシアよりはるかに多くの仕事をした。米軍の規模がロシアより小さかったことを考えると、より印象的だ。ロシアがスターリングラードやレニングラードで篭ってたことを言うなら、より規模の小さいイギリスがビルマで日本軍を釘付けにしていたことのほうがよほど良い仕事をしたと言える。


28.イタリア

>>27

規模も効率も重要。太平洋のいくつかの島々を占領するより、東欧全体を占領するほうが大変。たとえ効率が悪くても、その規模は埋め合わせとしては十分だろう。


29.アメリカ

>>28

ロシアの効率は悪すぎる。まさに大量の兵隊を投入するだけの人海戦術。イギリスのビルマ作戦はより少ない兵で日本の侵入を抑えたんだよ。


30.ロシア

>>29

相手がドイツと日本じゃ違うし。


31.ロシア

>>30

でも日本は1905年に俺らのケツを蹴りあげた相手だぞ


32.アメリカ

>>30

ロシアは日露戦争に負けてるし、そもそも日本こそがアメリカが第二次大戦に参戦した理由。


33.ポーランド

>>31

俺の先祖は旅順攻略戦で戦死したんだよ。ポーランド人なのにロシア皇帝の命令で無理矢理送り込まれたんだ;;


34.アメリカ

ロシアには冬将軍があるしな。兵力でも資源でもドイツを上回ってたんだから楽なもんだ。


35.イタリア

>>34

冬将軍があってもアメリカの50倍の被害を出したんだから、その功績は大きい。


36.日本

そもそも欧州戦線と太平洋戦線を同列に扱う事自体がおかしい。両者は違う種類の戦争。欧州戦線は基本的には従来の陸戦の延長線上にあるもので、そこでは大規模な陸軍が、ある領域の支配を巡って前進後退を繰り返す。一方、太平洋戦線は、地球上で最大の海洋である太平洋という途方も無く広い戦場に散らばる無数の島々に多数の上陸作戦を行う必要がある。太平洋では、そもそも(欧州戦線のような)人海戦術は通用しないんだよ。それをやりたければ、まず、とてつもない規模の海軍とロジスティクス、そして制海権を確保しないと話にならないんだ。

WW2battlefieldPetersmap_resize

37.アメリカ

>>36

その通り。日米の遠征能力は欧州人が絶対に理解できない所。まあ、あいつらはでかい壁を作っておけば、ヒトラーの侵入を防げると思ってた奴らだからな。さもありなん。


38.アメリカ

>>37

欧州人は2011年になっても、空母を使った限定空爆作戦すらまともに遂行できない。それも後進国が相手だってのにw


39.フランス

>>38

アメリカ人が何一つ欧州戦線について理解してないのはわかった。だけど、欧州人にだって遠征能力はあるんだよ。だからこそアジアに植民地を持ってたんだ。


40.アメリカ

>>39

ジャングルに数人の白人を送り込んで、日本がそいつらの首をはねた後は何もできなかったのが「遠征」ですかw


41.カナダ

第二次大戦はそんなに難しい研究対象ではないけど、それでもその複雑さは一般の初・中等教育で簡単に教えられるものではない。大規模な航空・海洋・陸上戦闘が太平洋から北アフリカ、ヨーロッパで繰り広げられたけど、東部戦線がドイツの戦闘の大部分を占めるのは事実。大量の戦車や航空機、自動車、数百万トンの食料などアメリカがソ連に支援した物資は戦争遂行に不可欠だったのも事実だけど、それをもってロシアとドイツの血みどろの戦いを軽視するのは誤り。いくつかの戦いでは150万人を超える死傷者を数ヶ月で出してる。それは米英のオーバーロード作戦とは比べ物にならない。