1417721210070_resize

http://www.marketwatch.com/story/its-official-america-is-now-no-2-2014-12-04

(記事抄訳:中国の今年のGDP(購買力平価基準)は17.6兆ドルとなり、米国の17.4兆ドルを抜き、米国はグラント大統領の時代から守り続けてきた世界第一位の経済大国の座を譲り渡すことになった。2000年には米国の経済規模は中国の3倍だったが、昨年には中国の貿易規模が米国を上回り、今年はついに経済規模でも中国が上回る運びとなった。PPP(購買力平価)は、例えばスタバのフラペチーノは北京でもミネアポリスでも同じ価値だとみなして算出される経済力比較の方法。このニュースは地政学的に見て大激震と言える。歴史的に見ても軍事力は経済力に依存するもので、スペイン、フランス、英国、米国、と覇権は移行してきた。そして英米覇権の時代に、市民の自由や民主主義、憲法による権利といった現代社会の基盤が築かれたのだ。明日から突然世界が変わるというわけではないが、長い目で見ると、これまで我々が馴染んできた西洋支配による世界が、あらゆる点で変わっていくと考えられる)


1.スウェーデン

記事のコメント欄のアメリカ人達の悪態を見ろよw


2.フランス

ほう、これはたまげたね(棒)


3.セルビア

中国人 > 黒「人」(訳注:大統領のことかと)


4.イギリス

ここぞとばかりにアメリカを叩く欧米人に言っとくけど、お前らは欧米覇権のおかげで高い生活水準を謳歌してるってことを忘れるなよ。


5.アメリカ

まあ、中国経済は崩壊の縁に立ってるから。今、工場はどんどんメキシコに移転してるよ。


6.アメリカ

>>5
メキシコじゃ力不足だろ


7.イスラエル

アメリカ人に言わせると、中国は去年、初のドライブスルーができた程度の第三世界らしい。


8.セルビア

まだ何年かかかると思ってたよ。次の大統領がどう対応するのか楽しみだな。


9.セルビア
>>8 

ヒラリーはアホだからな。状況はもっと悪くなると思うよ。


10.アメリカ
>>9 

ヒラリーは一番賢い部類の政治家だぞ。自分の不幸を黄金に変えたんだからな。(訳注:クリントンの不倫事件)。次の大統領として有力視されてるし、政治家としては傑物と言える。


11.アメリカ
>>10 

失せろ


12.カナダ

どうせまたプロパガンダだと思うけどな。まだアメリカにはかなわないよ。


13.アメリカ

アメリカは他の超大国に比べると全然まし。中国は全くモラルが無いから利益のためならなんでもするし、アメリカも真っ青の強欲ぶり。


14.アメリカ

購買力平価なんて真面目に考えるのも馬鹿らしい


15.カナダ
>>14 

中国のケースでは購買力平価のほうが重要なんだよ。中国の製造業は何でも国内で製造してるから為替レート基準は国内にはあまり影響が無く、人民元は中国で使われる限り、ドルと同じ購買力を持つ。そしてドルは中国内では法貨ではないから、代わりに同価値の人民元をより多くの人口が使って経済を回す=巨大経済ということになる。

それに為替レートはコロコロ変わるけど、実際の国内経済は、物理的な大災害とか人々が消滅でもしない限り一夜にして変わったりしない。もし為替基準で考えるとなると、中国が人民元を完全に自由化した暁には、一夜にしてGDPは30兆ドルから50兆ドルにも跳ね上がるぞ。そっちのほうが恐ろしいわ。


16.イギリス

この日を十年間待ち続けてきた


17.ポーランド

だからプーチンも強気なんだよな。中国がアメリカから覇権を奪えば、NATOは没落するし、EUも没落する。そしてドイツは欧州の覇権を取りにいってフランスと激突だ。中欧は西側とロシアに挟まれて消滅する。唯一の望みは、対抗するための大軍拡か、アメリカがエアシーバトル構想以上の中国対抗策を思いつくこと。


18.ドイツ
>>17 

独仏は欧州を共有するよ。もうこの二国間に戦争は無い。


19.アメリカ

パックス・アメリカーナの終焉はパックス・シノを意味するわけじゃない。世界が多極化してもアメリカが戦力投射能力を持つ支配的国家であることに変わりはないだろう。


20.アメリカ
>>19 

その通りだ!


21.アメリカ
>>19 

アメリカはメキシコ人のおかげで内部崩壊するよ。


22.アメリカ
>>19 

他の国はアメリカがやってるような世界の警察官をやりたくないんだよ。骨が折れる上に世界中から憎まれるしな。それに中国文化は中国人以外には魅力的じゃない。中国人以外で中国文化を買う奴は弱っちい白人の負け犬だけだよ。


23.フィンランド
>>22 

問題は、最近はそういう白人だらけってことだよ。ネットにアジアの女の子狂いのオタク達とデブのフェミニストが溢れる時代には中国文化は魅力的な商材になる。


24.イギリス

まあGDPなんて所詮人口によるものが大きいしな


25.アメリカ

こういうことに拘るのは人生が上手く行ってない奴。国が豊かだと自分も強くなったような気がするんだろ。


26.アメリカ

これは素晴らしいニュース。さあ、中国人には荷物をまとめて本国にご帰還願おうか。


27.フィリピン

中国がアメリカを粉砕するのを十年以内に見られるなんていい時代に生まれたな。


28.アメリカ
>>27 

そしたらフィリピンの白人崇拝者達はみんな共産党にやられるけどな。


29.フィリピン

中国の出生率はやばいだろ?そんなんで超大国になれるのかね。


30.アメリカ
>>29 

欧米のようがやばいし、中国は一人っ子政策をいつでも解除できるからな。


31.トルコ

こんなニュースは何の意味も無い。実際、お前らが移民するとしたらアメリカと中国どっちを選ぶ?俺はアメリカだな。


32.イギリス
>>31 

中国


33.カナダ
>>31 

明らかに中国。アメリカは第三世界になりかけてるし。
1417731776911_resize
 


34.アメリカ

為替レート基準ではまだアメリカのほうが上だ。


35.アイルランド
>>34 

もうしばらくの間は、紙切れを多く持ってる分、勝った気分でいられるね^^


36.アメリカ
>>35 

中国経済は日に日に減速してるのに対してアメリカのは加速してる。


37.アイルランド
>>36 

そのセリフは十年位聞き続けてきたけど、ついに購買力平価で負けただろ。中国がその次を達成するのはそれほど難しい話じゃない。中国は減速しても、未だにアメリカを近いうちに名目GDPで抜くのには十分な成長率がある。


38.アメリカ
>>36 

アメリカ経済もかなり減速してるよ。


39.アメリカ
>>38 

いや数字を見ろ、成長してる。もう2009年じゃないんだよ。


40.アメリカ
>>39 

1%な・・・。停滞に等しい。


41.トルコ

アメリカ経済は政府支出で上げ底されてるからな。借金払えや。


42.アメリカ
>>41 

負債は管理可能な限り悪い物じゃない。それに借金に関しては中国だって全く同じだろうが。


43.スペイン

アメリカざまあw


44.イタリア

USA ナンバー2!w


45.スペイン

ちなみにアメリカはナンバー2ですらないぞw なぜなら2位はEUだからな。それに今後EUはNSAの手先のアップルやグーグルなんかに大課税するからせいぜい苦しめや。アメリカが今、第三世界じゃないのは世界最大の石油とガスの生産者だから。それ以外の輸出はクソだ。だけど電気自動車やトリウム原発、再生可能エネルギーの普及で地政学的地位は激変する。さあ、さっさと負債を払え。


46.ドイツ

中国がすぐに世界を支配するってことはないよ。中国の実力はかなり誇張されてるってのに、未だに人々がそう考えるのはちょっと信じられない。彼らはまだ国を整えるのに長い道のりがある。俺は欧米世界の信奉者というわけではないけど、中国の経済・軍事的実力は西側の脅威にはなりえない。これは単なる事実。そうじゃないって人は逆に西側世界の崩壊を望む人だろう。


47.アメリカ
>>46 

いや、中国は脅威だよ。それはアメリカ人もみんなわかってるし、メディアが反中国を喧伝するのにも理由がある。


48.ドイツ
>>47 

でも数だけじゃ経済は成り立たない。中国はまだほとんどの地域が農業に依存する後進国であって、これを競争相手とみなすのは冗談みたいな話。現実を見ろ。中国の技術・産業スパイ問題や、不動産開発への依存。あそこは所詮、多国籍企業がもう西側世界の先進国が買わなくなったようなゴミクズを売るための市場に過ぎない。


49.アメリカ
>>48 

アメリカや西側先進国が開発途上だったころもそうだったよ。もう我々のインフラは古くなってる。今はスマホやPCのほとんどが東アジアで作られてる。特に欧州はそうだろ。


50.オランダ

(中国語のかわりに)日本語を習っちゃった・・・





欧米人の間でも捉え方は色々ですね